群馬県長野原町に2020年に完成した「八ッ場ダム」は、「やんば」と読みます。ダムに流入する支流の沢の名前からとられた名前らしい。利根川水系の利水計画で調査開始から完成まで半世紀以上に及ぶ歴史を経て完成に至った。八ッ場湖の駅「丸岩」から出発する水陸両用バスでダム見学をする際にはダムの話や移転の話も聞くことができて勉強になりました。更に運が良ければダム湖の水際にくる野生動物み巡りあえるかも知れない。
八ッ場ダム
ダムの管理事務所だけでなく周辺の道の駅などでも「ダムカード」を配布しています。夏のお盆の時期などは周辺は大変混雑しています。
八ッ場ダムカード
堰堤の高さ116m、堤頂長さ290.8mの大きなダムです。ダムの建設に伴って付け替えられた国道145号も整備されアクセスは良いと思います。