カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    2020年04月

    愛知県にある新豊根ダムは揚水式発電の上ダムで、下ダムである静岡県佐久間ダムの水を夜中の余った電気を使ってくみ上げておき、水を何回も有効に使って発電ができる役割を担っています。
    ダムは美しい曲線のアーチ式コンクリートダムです。
    新豊根ダム
    放流が見たかったなぁ!
    新豊根ダムカード

    岐阜県にある丸山ダムは木曽川を堰き止めているので、ひと度雨が降ると轟音と共に放流調整される。すぐ川下の橋から真正面にその流れを鑑賞できるが、隣の人との会話も声も聞こえなかったほどの流れ(音)であった。しかし、雨の無いときは、発電に利用される為、ゲートからの放流がないこともある。
    丸山ダム①
    一度木曽川上流に雨が降るとゲート全開でダムの放流が始まる。
    丸山ダム②
    そして、少し川下に堤高を20m上げて、新丸山ダムが建設される。2029年完成予定である。
    まだ周辺道路の付け替え工事などの段階で新しいダムの形を見ることはできない。
    丸山ダムカード新丸山ダムカード

    京都府のダムカード配布ダムは5個、淀川(宇治川)水系に3個、ちょっと北の由良川水系2個である。
    まず、宇治市にあるのが「天ヶ瀬ダム」、ドーム型アーチ式コンクリートダムである。宇治の平等院からちょっと山方向に入る。曲線美が素晴らしい。
    天ヶ瀬ダム天ヶ瀬ダムカード
    次に紹介するのが「日吉ダム」、ベーシックな重力式コンクリートである。
    日吉ダムカード
    三重県にも近いのが「高山ダム」である。こちらもアーチ式コンクリートダムであるが、こちらは「アーチ重力式コンクリートダム」であるので、先ほどの「天ヶ瀬ダム」に比べるとどっしりとしている。
    高山ダム高山ダムカード
    そして、北に位置するのが「大野ダム」で、京都でダムカードを配布している中では最も古い。
    大野ダムカード
    最も新しいのが「畑川ダム」、2013年完成である。
    畑川ダム畑川ダムカード


    宮城県の福島県境にも近い阿武隈川水系白石川にある七ヶ宿ダムは平日のみだがダム内部を見学できる。ロックフィルダムで見学?と思うかもしれないが、肝心な所にコンクリートの芯があり、なんと上流の左岸側の管理室から通路やエレベーターで下流側まで内部を見学できる。途中で真っ暗闇になるおちゃらけもあったりして‥。(管理廊というらしいが)
    ダム湖の水質を保つため深いところの水をくみ上げて吹き上げる大噴水も4月中旬から11月末頃まで見ることができます。
    七ヶ宿ダム
    ダム下流側にはお花も栽培されていて、綺麗である。
    七ヶ宿ダムカード
    見学の際にも話があったが、斜面が綺麗で、草木がよく手入れされている。どうか他のロックフィルダムでも手数が掛かって大変と思いますが、木の根っ子でダムの機能が損なわれないようメンテして下さい。
    (長野のダムでは山羊さんが草を食べているところもありましたヨ!)

    福岡県でダム建設が佳境を迎えている。
    2017年に完成したのが、「五ケ山ダム」で、上流左岸には大きなmont・bellの店もある。
    五ケ山ダム①
    自然越流型の洪水吐とダム湖
    五ケ山ダム②五ケ山ダム③
    ダムカードは試験湛水中の絵。
    五ケ山ダムカード
    次に。2018年完成が「伊良原ダム」、ダム下流も整備され、ぐっ!と迫った写真が撮れる。
    伊良原ダム①
    こちらも今時の自然越流型の洪水吐とダム湖。
    伊良原ダム③伊良原ダム②
    こちらのダムカードも試験湛水中の絵。
    伊良原ダムカード
    最後に2020年完成予定の「小石原川ダム」、工事中に水害に見舞われるなど筆者が訪れようとした時も「江川ダム」から先は通行止めで訪問できませんでした。CG合成のダムカードでご勘弁を。
    小石原川ダムカード②



    このページのトップヘ