カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    2020年06月

    三重県名張市に「比奈知ダム」はあります。淀川の支流の木津川の支流の名張川の設けられたダムです。戦後の高度成長期に計画されたダムで、水没する地域の住民の反対などで移転交渉に時間が掛ったが、その後合意に至り、1998年に完成しました。ダム湖周辺が良く整備され、春には桜が咲き、初夏にはホタルの舞う良い環境が保たれています。
    比奈知ダム
    同じ市内にある「青蓮寺ダム」からも近いので、そちらにも是非どうぞ!
    比奈知ダムカード

    滋賀県のびわ湖から流れ出す「瀬田川」は京都府に入るとその名を「宇治川」と名前を変えます。更に、三重県を流れる「名張川」と「伊賀川」が合流すると「木津川」と名前を変えます。そして京都府を流れ下ってきた「桂川」の3つ川が合わさり「淀川」となり、大阪湾に注ぎます。その三重県を流れる「木津川」の支流の「名張川」の支流の「青蓮寺川」にあるのが「青蓮寺ダム」です。
    形式は「アーチ式コンクリートダム」ですが、綺麗な円弧状というよりは、放物線状といった方が良いのでしょうか。ダムの名前の一部に「青」があることにちなんでか?ゲートが青いのが特徴です。
    青蓮寺ダム青蓮寺ダムカード
    管理事務所の近くにモニュメントがあります。さてこれは何でしょうか?見る人が勝手に想像してよいのでしょうか?アーチ式ダムの形を模した物ですか?
    青蓮寺ダム②青蓮寺ダム③


    静岡県富士宮市にある「大倉川ダム」(ダムカードによれば、「大倉川農地防災ダム」)からは富士山が近く、運が良ければ堰堤越しに富士山の絶景が見られる。(ダムカードを見られたし) ただし、ダムの名称の通りこのダムは洪水防止が専門で、普段は水が溜まっていない。洪水防止の為のダムでロックフィルダムは珍しい。
    大倉川ダム
    写真の左下にある取水口からちょろちょろと水が流れているだけである。
    大倉川農地防災ダムカード

    長野県にある「小渋ダム」はアーチ式コンクリートダムで綺麗な曲線美です。小渋ダムの総貯水量5800万立方メートルは同じ長野県にある諏訪湖の貯水量(6200万立方メートル)とほぼ同じです。ただし諏訪湖のように全面結氷したことはないそうです。
    小渋ダム
    ダムの堤体は温度差や水圧により変形します。温度差により夏や冬には上流または下流に約4cm程度動く(正確にはたわむ)そうですよ!ちゃんと堤体内にあるプラムラインという装置で動きは観測されています。
    小渋ダムカード

    長野県の天竜川水系の三峰川での課題は流れに混ざってくる土砂の堆積でした。そこで土砂の堆積が美和ダムまで達しないように上流に「貯砂ダム」を作るとともに洪水バイパストンネルで美和ダムの下流に砂の混じった水を流す工事をしています。美和ダムのダム湖:美和湖はダム湖百選に選定されています。
    美和ダム美和ダムカード
    美和ダムの再開発は2023年完成予定で進められています。再開発に伴うダムカードも発行されています。
    美和ダム再開発②美和ダム再開発①



    このページのトップヘ