昨今の新型コロナウイルスの影響でダムカードをは配布していないところも多い。
そこで、折角の旅行計画で出掛けたからには、ダムカードの代替品をゲットしよう。
その1、浄水場カード
鳴門市浄水場②北島町浄水場②
浄水場は一般的に河口近くや市街地に近いところにあり、ダムのような危険な目には合わないはず。
全国には10箇所を超える浄水場でカードを発行している。
その2、橋カード
新大越路橋
上記の写真は、「とちぎ橋カード」で全24種類。
埼玉県秩父地方でも橋の写真と道の駅で買い物をすると、橋カードがもらえる。
その3、インフラカード
伊良部大橋羽地ダム
沖縄インフラカードは、ダム、道の駅、港、橋など沖縄本島だけでなく、周辺の島にも配布箇所がある。
九州インフラカードも、橋や分水路、港などのインフラを紹介している。
その4、発電所カード
山口県企業局が実施しているのが、大小の水力発電所のカード、全13種類ある。
ダムの近くにある発電所が多いので、一緒に収集することをお勧めします。
頑張って集めると、金ぴかのコンプリートカードがもらえる。(12箇所でゲット)
山口発電所(これがコンプリートカード)
その他に、秋田県も水力発電所のカードを配布している。
ダムカードとは異なる場所の発電所の写真が必要で、熊に注意が必要。
岩手県の企業局施設カードは、発電所(水力・風力・太陽光)、工業用水道、と1箇所のダムカードから構成されています。
岩洞ダム
発電所17箇所、工業用水道4箇所、ダム1箇所を全て集めるとコンプリートカードがもらえます。
但し、冬季は危険を伴う為配布していません。
岩手県も熊さんに注意してください。(私も子熊さんに遭遇しました。)