鈴鹿山脈に源を発する愛知川は、一度洪水が出れば河川は氾濫して大きな被害を及ぼすが、日照りが続けば河道から水が消えてしまうほど不安定な川であった。この愛知川の両岸に広がる湖東平野の水田に安定してかんがい用水を供給するために昭和27年(1952年)に着手され、昭和47年(1972年)にダムが完成し、あわせて幹線用水路なども整備されました。
ダムの少し下流の右岸には名刹永源寺もありダム名の由来となった寺を訪れてほしい。
永源寺ダムカード
ダムサイトの地形や地質を生かすために、左岸側をコンクリート重力式ダム、右岸側をロックフィルダムとする複合ダムで、高堰堤では日本初の試みで、永源寺ダムの特徴です。ダム湖:永源寺湖はダム湖百選に選定されています。名神高速「八日市インター」から国道421号線で約20分のところにあります。