カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    関東のダム

    群馬県みなかみ町を流れる利根川を北上し、途中の「藤原ダム」や「須田貝ダム」過ぎ更に行くと首都圏の水瓶「八木沢ダム」と到着します。利根川本川の最上流部にあるアーチ式コンクリートダムです。堤高も131mと大きなダムで、ダムのすぐ下流部には建築部(発電所?)があり、水の流れがないので、ちょっと寂しいです。標高850mに位置するので、夏は少し涼しいです。冬は当然行けません。
    八木沢ダム
    ダム湖「奥利根湖」はダム湖百選に選定されています。
    八木沢ダムカード

    群馬県の北部、みなかみ町の市街地から国道291号線を北上し、途中から県道63号線で更に北上して「奈良俣ダム」に到着です。ロックフィルダムの綺麗な石積みは流石に水資源機構が管理することが頷けます。令和4年6月13日から「奈良俣ダム30周年記念カードセット」を配布していましたが、無くなり次第終了なので、もうないかもしれません。ロックフィルダムですが、堰堤の高さが158mもある大きな大きなダムです。例年、冬季(11月下旬から)は行けなくなりますので、ご注意を!
    奈良俣ダム
    水資源機構も60周年の記念シールを貼ったダムカードを配布してます。
    奈良俣ダムカード

    群馬県長野原町に2020年に完成した「八ッ場ダム」は、「やんば」と読みます。ダムに流入する支流の沢の名前からとられた名前らしい。利根川水系の利水計画で調査開始から完成まで半世紀以上に及ぶ歴史を経て完成に至った。八ッ場湖の駅「丸岩」から出発する水陸両用バスでダム見学をする際にはダムの話や移転の話も聞くことができて勉強になりました。更に運が良ければダム湖の水際にくる野生動物み巡りあえるかも知れない。
    八ッ場ダム
    ダムの管理事務所だけでなく周辺の道の駅などでも「ダムカード」を配布しています。夏のお盆の時期などは周辺は大変混雑しています。
    八ッ場ダムカード
    堰堤の高さ116m、堤頂長さ290.8mの大きなダムです。ダムの建設に伴って付け替えられた国道145号も整備されアクセスは良いと思います。

    群馬県安中市に「中木ダム」はあります。群馬県が灌漑用水を目的として建設されたダムです。中木川を堰き止めてダム湖:妙義湖ができました。妙義湖では10月下旬になると紅葉の見頃を迎え、湖面にも映し出され美しい季節を迎えます。また、妙義湖周辺には多くの野生動植物が生息し、冬になるとオシドリをはじめとする水鳥が飛来して来ることでも有名です。念のため、この時期の北風には暖かい服装でお出掛け下さい。
    中木ダム
    妙義湖にはコイ、マス、ヤマメ、イワナ等の魚が生息し、釣りを楽しむこともできます。妙義湖管理事務所でボートの貸し出しもして貰えます。
    中木ダムカード

    群馬県神流町にある「塩沢ダム」は、下流にある「下久保ダム」から国道462号を16kmさかのぼり、神流町役場を過ぎ「八幡神社」を右折して県道46号線を3km弱行ったところで、自然がいっぱいです。この自然の中でダム管理事務所もゴツゴツした鉄筋コンクリート造りでないのはうれしいです。管理事務所のデザインに合わせてダムのゲート操作室もコジャレていますヨ。
    塩沢ダム
    左岸にある管理事務所がコレ!更にダムの右岸側の壁面には抽象画がありますが、‥。
    塩沢ダム管理事務所
    ダムは1995年完成です。ダム湖は、近くの神域から命名された「蛇神湖」(へびかみこ)です。
    塩沢ダムカード


    このページのトップヘ