カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    関東のダム

    群馬県安中市に「中木ダム」はあります。群馬県が灌漑用水を目的として建設されたダムです。中木川を堰き止めてダム湖:妙義湖ができました。妙義湖では10月下旬になると紅葉の見頃を迎え、湖面にも映し出され美しい季節を迎えます。また、妙義湖周辺には多くの野生動植物が生息し、冬になるとオシドリをはじめとする水鳥が飛来して来ることでも有名です。念のため、この時期の北風には暖かい服装でお出掛け下さい。
    中木ダム
    妙義湖にはコイ、マス、ヤマメ、イワナ等の魚が生息し、釣りを楽しむこともできます。妙義湖管理事務所でボートの貸し出しもして貰えます。
    中木ダムカード

    群馬県神流町にある「塩沢ダム」は、下流にある「下久保ダム」から国道462号を16kmさかのぼり、神流町役場を過ぎ「八幡神社」を右折して県道46号線を3km弱行ったところで、自然がいっぱいです。この自然の中でダム管理事務所もゴツゴツした鉄筋コンクリート造りでないのはうれしいです。管理事務所のデザインに合わせてダムのゲート操作室もコジャレていますヨ。
    塩沢ダム
    左岸にある管理事務所がコレ!更にダムの右岸側の壁面には抽象画がありますが、‥。
    塩沢ダム管理事務所
    ダムは1995年完成です。ダム湖は、近くの神域から命名された「蛇神湖」(へびかみこ)です。
    塩沢ダムカード


    栃木県日光市の野岩鉄道会津鬼怒川線の「湯西川温泉駅」の西側に「湯西川ダム」はあります。「重力式コンクリートダム」で人が操作するゲートのない「ゲートレス」構造で、曲線美も少なく飾り気のないシンプルなデザインです。重力式コンクリートダムはアーチ式コンクリートダムに比べ使用するコンクリートの量は多くなりますが、このダムでは、堤体コンクリート約100万立方メートルに対し、実打設期間が19ヶ月とういう短期間での施工を実現しています。
    湯西川ダム
    利根川水系の湯西川にあり、2012年完成の比較的新しいダムです。
    湯西川ダムカード

    栃木県の鬼怒川の最上流部に「川俣ダム」はあります。堤頂長さ131mに対して堤高が117mもあり、アーチ式コンクリートダムとしては日本一縦長のダムです。ダムの下流面に整備された瀬戸合峡の「渡らっしゃい吊橋」から見るとその縦長の姿が良く見えます。橋の下流面の「瀬戸合峡」も絶景です。

    川俣ダム
    生憎の雨模様でボケてますが勘弁して下さい。ダムカードも珍しい縦長タイプです。
    川俣ダムカード
    駐車場からダムまでちょっと歩かなくてはなりません。

    栃木県日光市の川治温泉の少し上流の鬼怒川の支流;男鹿川に「五十里ダム」はあります。選択取水設備を増設するなどの改良工事により新たな能力を発揮できるようになり、まだまだ現役です。この改良により、下流への冷水放流や、洪水や大雨などの後の長期化するダム湖からの濁流放流などを改善することができるようになりました。
    五十里ダム
    ダム完成は1956年、約65歳になりますが、バリバリの現役です。
    五十里ダムカード

    このページのトップヘ