カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    九州沖縄ダム

    沖縄県国頭郡東村にある「福地ダム」は、当初の計画は、日本復帰前の米国民政府琉球水道公社によるもので、米国陸軍工兵隊により着手されました。その後の日本復帰に伴い、日本政府により事業継承され、日本の技術基準により完成させました。
    福地ダム
    石ころ(岩)を積み上げて作った「ロックフィルダム」で、左岸側のちょっと高いところに展望台があってダム全体を見渡せます。沖縄県最大のダムです。ダム湖:福上湖はダム湖百選にも選定されています。
    福地ダムカード

    沖縄県国頭郡東村に「新川ダム」(あらかわダム)はあります。北部5ダムの1つで、統合運用されています。亜熱帯性の森林に囲まれ、沖縄固有の動植物が多く残っています。ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなど、国の天然記念物に指定された貴重動植物が生息しています。
    新川ダム
    ダムは1977年完成で、堤高44.5m、堤頂長さ177mの大きさの重力式コンクリートダムです。
    新川ダムカード

    沖縄県本島北部の国頭村に「安波ダム」はあります。周辺は自然が一杯で、村鳥のヤンバルクイナもいるかもしれません。ダム湖も「クイナ湖」と命名されています。沖縄本島の西側を走る国道58号線から国道331号線や県道70号線などでダムに行くことができます。この本島北部の5ダム:辺野喜ダム、普久川ダム、この安波ダム、新川ダム、福地ダムは調整水路で統合運用されています。
    安波ダム
    非常用洪水吐が左岸側だけにある珍しい構造です。
    安波ダムカード

    沖縄県の本島北部国頭村に「普久川ダム」(ふんがわダム)はあります。ダムの周辺は自然が一杯ありますダムの流域面積が小さく、洪水の流出速度が早いことから常用洪水吐きとして自然越流方式が採用され、非常用洪水吐きも全面越流方式を採用しており、機械式のゲートは見られません。
    普久川ダム
    ダムの堰堤上には立ち入り禁止で、全貌はこれが限界でした。堤高41.5m、堤頂長さ210mの大きさです。
    普久川ダムカード

    沖縄県本島の最北端にあるのが「辺野喜ダム」(べのきダム)です。右岸側が重力式コンクリートダムで左岸側がロックフィルダムの複合ダム型式で作られています。ダムの周辺は自然に恵まれ、ヤンバルクイナなどの天然記念物が多く生息している地域です。ダム湖「伊集の湖」は、周辺の山にイジュの木が群生していることから命名されました。
    辺野喜ダム
    ダムは1986年完成で、重力式コンクリートダムの堤高42m、堤頂長さ230m、ロックフィルダムの堤高35m、堤頂長さ330mの横に細長いダムです。
    辺野喜ダムカード

    このページのトップヘ