カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    ダムへの誘い

    新潟県魚沼市と福島県檜枝岐村にまたがる「奥只見ダム」は水力発電専用ダムとしては総貯水量が日本一です。堤高が157m、堤頂の長さが480mもあり迫力満点です。冬は行くことが困難で、ダムカードも配布していませんが、11月初までは新潟県側から関越道「小出IC」から国道352号で、途中から県道50号(かつてのダム建設用)道路(かなりの距離がトンネル)で、ダムへ向かいます。
    奥只見ダム
    写真のように、ダムの下流左岸側に無料駐車場があり、上流部を見るには、そこから登ります。体力に自信があれば徒歩で、ちょっと出費すれば楽に行くこともできます。更に歩いて登って「奥只見電力館」に行けばダムカードがゲットできます。冬季を除けば、ダム湖遊覧船も出ています。
    奥只見ダムカード
    最近流行りの「御船印」もこの遊覧船乗り場でゲットできます。

    北海道函館市の郊外に水道用に建設された日本初のバットレスダムが「笹流ダム」です。下流側の景観に特徴があります。
    笹流ダム
    前庭の広場は、春は桜、秋は紅葉の名所で北海道らしい広々とした芝生があります。駐車場もありのんびりと過ごすには最高の場所です。
    右岸側の道を上ると容易に堰堤に行くことができます。
    笹流ダム②
    ダム湖:笹流貯水池はダム湖百選に選定され、ダム湖百選プレートは堰堤の左岸側に掲示されています。


    宮城県仙台市の西南西に「釜房ダム」はあります。いかついクレストラジアルゲートが4門構える形態です。ダム湖:釜房湖は、ダム湖百選に選定されています。治水機能だけでなく、生活用水や農業用水、工業用水、水力発電など幅広い用途に水が供給され、仙台市だけでなく近隣の名取市、多賀城市、七ヶ浜町の生活を支える水がめの役割を担っています。
    釜房ダム
    完成は1970年(昭和45年)です。
    釜房ダムカード

    青森県下北半島に「川内ダム」はあります。本州最北端にあるダムです。ダム湖:かわうち湖はダム湖百選にも選ばれています。近くには、、「仏ヶ浦」、恐山、ちょっと北に行けば、あのマグロで有名な「本州最北端」の大間崎もあります。青森市の市街地からはちょっと距離があり、一日掛かりになりますが一度は訪れてみたいところです。
    川内ダム
    1994年完成のダムです。
    川内ダムカード

    沖縄県国頭郡東村にある「福地ダム」は、当初の計画は、日本復帰前の米国民政府琉球水道公社によるもので、米国陸軍工兵隊により着手されました。その後の日本復帰に伴い、日本政府により事業継承され、日本の技術基準により完成させました。
    福地ダム
    石ころ(岩)を積み上げて作った「ロックフィルダム」で、左岸側のちょっと高いところに展望台があってダム全体を見渡せます。沖縄県最大のダムです。ダム湖:福上湖はダム湖百選にも選定されています。
    福地ダムカード

    このページのトップヘ