カッパのダム巡り

日本中のダムを巡っています。
軽~い気持ちで立ち寄ったダムでの内部見学に感激して始まったダム巡りブログです。
命がけの情報から面白情報まで様々なお知らせを載せていく行きます。

    日本一

    新潟県魚沼市と福島県檜枝岐村にまたがる「奥只見ダム」は水力発電専用ダムとしては総貯水量が日本一です。堤高が157m、堤頂の長さが480mもあり迫力満点です。冬は行くことが困難で、ダムカードも配布していませんが、11月初までは新潟県側から関越道「小出IC」から国道352号で、途中から県道50号(かつてのダム建設用)道路(かなりの距離がトンネル)で、ダムへ向かいます。
    奥只見ダム
    写真のように、ダムの下流左岸側に無料駐車場があり、上流部を見るには、そこから登ります。体力に自信があれば徒歩で、ちょっと出費すれば楽に行くこともできます。更に歩いて登って「奥只見電力館」に行けばダムカードがゲットできます。冬季を除けば、ダム湖遊覧船も出ています。
    奥只見ダムカード
    最近流行りの「御船印」もこの遊覧船乗り場でゲットできます。

    岐阜県の恵那市と瑞浪市にまたがる小里川ダムは、①水害を減らす、②川の環境を守る、③電気を作る目的があります。普段は穏やかに流れる小里川ですが、大雨で河川が増水すると牙をむき、大洪水や土砂災害をもたらしてきました。そんな庄内川(上流では土岐川)の支流の小里川に2004年に小里川ダムが完成しました。
    小里川ダムカード
    ダムのすぐ上流の右岸にある道の駅「おばあちゃん市・山岡」に大きな水車がゆっくり回っています。
    ダムカードを配布している管理事務所からダム湖の上の橋を渡って道の駅に行くことができます。
    小里川ダムの水車
    ダムの内部の見学もできるゾ!

    山形県にある「寒河江ダム」は最上川支流の寒河江川に建設された中央コア型ロックフィルダムダムで、ダム湖である「月山湖」で4月下旬から11月まで見られる大噴水は高さ112mで日本一の高さを誇ります。その高さは丁度ダムの堰堤の高さと同じで、いくつものパターンで打ち上げられる噴水は時を忘れて楽しませていただきました。
    月山湖
    ダム周辺には、展望広場や各種カヌー大会、イベント交流拠点である「まねきの丘」やダム下流にはスポーツ広場が整備され、利用されています。
    寒河江ダムカード


    美利河ダムのある後志利別川では、サクラマスなど川と海を移動する回遊魚が多く生息しています。
    そんな魚たちにの為に建設された魚道の長さは日本一です。
    ダムの下流側の右岸に魚道を見ることができます。
    魚道を真横から見られ、魚が遡上するのを見ることもできます。
    美利河ダム魚道
    ダムの堰堤の長さも半端なく長いの歩いて端から端までいくのは大変。(堰堤長さ1480m)
    洪水調節をするダムでは、日本一の堤頂長を誇ります。
    私も途中で歩くこと諦めて引き返しました。
    美利河ダム
    体力と時間のある方は是非徒歩で横断してみて下さい。
    下流側の魚道を見るついでに右岸側に行くことをお勧めします。
    美利河ダムカード


    北海道にある「雨竜第1ダム」は湛水面積が日本一である。(23.7平方キロメートル)
    第2次世界大戦中に完成し、周辺は道立公園にも指定され
    ダム湖の中にも島々が点在し、自然に恵まれている。
    行くのは初夏から秋をお勧めします。
    訪れた5月連休は周辺に残雪があり、まだ寒いです。
    雨竜①雨竜②雨竜第1ダム



    このページのトップヘ